電気代や配達のコストを把握しウォーターサーバーを上手に利用する

レンタルサービスで暮らしに必要な日用品をレンタルする

RO水や軟水が安全

赤ちゃんでも安心しても飲める軟水やRO水が特にトレンドとなっている

お湯や冷水の使い勝手の良さや、買い物に行かずに新鮮な水がいつでも飲めるなど、複数の利点があるウォーターサーバーは、近年は赤ちゃんの子育てのために導入をする人も多く見られます。 赤ちゃんの子育てにとって良い理由としては、まずお湯や冷水がいつでも好きな様に使えるため、ミルクを作るときの調乳も簡単になるという点があります。また使用する水は軟水やミネラル分が排除されたピュアウォーターが選べるので、赤ちゃんの体にも安全で安心な水を用いることができるのも、ウォーターサーバーが子育てに使える理由です。 近年は安全な水を求めるニーズに応える形で、宅配水会社も水質検査やミネラル成分を調整した軟水や、RO水を提供しておりこれらの水はトレンドな商品となっています。

ウォーターサーバー事業者は飲料水メーカーの参入が多い

人々の健康意識の高まりもあり、1980年代のミネラルウォーターブームから一貫して、天然水やミネラルウォーターなどの需要は伸び続けてきました。QOL、いわゆるクオリティオブライフの実現のためにも、美味しくて安全な水は多くの人に求められており、それを扱う事業者の数も増えています。 その事業者の1つがウォーターサーバー会社であり、その事業者の数は年々増加しています。ウォーターサーバーを扱う事業者の特徴として、飲料水メーカーが多く参入している点が挙げられます。国内のトップクラスのシェアを争う飲料水メーカーも複数参入しており、ブランドイメージの強さもあってウォーターサーバーんのシェアを伸ばしています。 また各事業者がそれぞれ日本各地の名水を扱っているのも大きな特徴で、これら天然水に加えて、赤ちゃんの体にも優しいピュアウォーターを取り扱う事業者も多く見られます。