電気代や配達のコストを把握しウォーターサーバーを上手に利用する

レンタルサービスで暮らしに必要な日用品をレンタルする

利用料金の相場

ウォーターサーバーってどのくらいするの?

皆さんはウォーターサーバーってご存知ですか? ウォーターサーバーというのは、病院などでよく見かける水やお湯をタンクから出す機会のことです。このウォーターサーバー、実は結構家庭で利用している人も多いのですが、いったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 まず、主に必要な費用としては、本体のレンタル代、毎月かかる電気代、飲んだ分のお水代となっています。しかし、実は本体のレンタル代は無料であることが多いため、電気代とお水代で全体にかかる費用の差が出てきます。電気代は、300円台〜1000円台がほとんどのようで、1000円未満のものは、大体最近出てきたエコモードを利用しているようです。お水代は、ノルマとなっている24Lで3000円〜4000円程度の為、一か月でかかる最低費用は4000円程度となるようです。 この先ウォーターサーバーもさらなる節電技術が発達し、電気代が安くなってくると思われます。

ウォーターサーバーはこれまで

ウォーターサーバーが個人宅にも普及していますが、元々はそうした市場はないとまで言われていたのです。 水を買う、ということに日本人には市場がないと思われていたからです。ですから、ウォーターサーバーはオフィスや商業施設を中心に普及していったのですが、最近では個人宅でウォーターサーバーを導入しているところも増えています。 一つの理由に水に対する信用があります。特にマンションなんかは一度貯水タンクに貯めてから配水するわけですから、汚いとはいいませんが、抵抗がある人がたくさんいます。ですから、マンションを中心に個人宅にもウォーターサーバーがじわじわと普及しています。もちろん、戸建てにもレンタルするところが増えてきており、市場は拡大しています。